Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

光鋭いびに湧き


迷惑な話だろうが、世の中には確かに、年齢性別に関係なく「そそる相手」というのは存在する。とことん虐めて泣かせたい、なますに刻みたい、気を失うまで凌辱したい、縄目で喘がせたい……相手をそんな風にしか愛せなかった哀れな男を今の鴨嶋は知っている。

鴨嶋組に居る月虹のように、男女どちらからも好かれ、誘蛾灯のように人をreenex 效果惹きつける存在が間近にいるから、相反する間島に執着された求が気の毒でならなかった。

「鴨嶋……さんです……か?」
「ああ。」

求は劉二郎から視線を外さなかった。これは、深淵を見続けた者の目だ……と劉二郎は思う。劉二郎の記憶の中では、生きながらに地獄を見た、戦地から引き揚げた兵隊がこんな目をしていた。

「いいか。あんたは、もう自由になっていい。これまで良く頑張ったな。」

求は、そう言った鴨嶋劉二郎を、驚いたように見つめていた。
双眸に涙がぐっと盛り上がる。涼介と妻の話から、この眼老人が自分を救出するために骨糖尿上眼治療を折ってくれたと知っていた。
ぱたぱたと思いがけず溢れた涙に、求自身が驚いていた。思わず両手で目許を拭った。

「……あり……がと……うござい……ます……」

かすれた声の求に、どれほどの災禍が及んでいたか想像がつく。叫び続けた求の声は、まだ元に戻っていない。生きているのが不思議なほどの加虐で負った裂傷にも、長い加療が必要だった。

藩主に嫡男が生まれ国中が喜立ったのは、わずか10か月ばかり前の事であった。お召しを受けて杏一郎(きょういちろう)は父の後に付き従った。

「これは、国家老様。ご嫡男ですかな。中々凛々しい男振りでござる。」

皆が声を掛けてくれるのを、少し面映ゆく思いながら杏一郎は神妙に頭を下げた。長い着尖沙咀找換店物を引きずった見目良い女性が、こちらへと誘(いざな)ってくれた。