Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

族を連れて


 河崎文生は今年の3月まで『S-five』に勤務していた。俺はね、将来的には幹部として迎えるつもりだったし、新事業を立ち上げる時は三木くんの代わりに『タチバナ』を河崎くんに任せればいい、なんて考えていたわけだ。

仕方が卓悅冒牌貨ないよな。彼が「辞める」と言う以上は、「ダメだ」とは言えないし。まあ、言ったけど。

河崎が退職した理由は『愛』だ。恩田喜春という美青年に出会って、運命感じちゃったらしい。まあ、それも仕方がない。人を愛する気持ちに歯止めを掛ける事は難しいのだ。


「ねえ、信吾さん」

「なんだい?」

助手席に座った怜二が窓を開けた。冷たい風が吹き込んできて、スッと車内の気温が下がる。

「気分、悪い」

「えっ?大丈夫か!?」

「停め、て???っ」

俺は慌てて車を脇に停めた。怜二は急いでドアを開けて車から降り、その場にしゃがみ込んだ。

「???うっ」

「大丈夫か!?怜二!」

「う、ん」

車酔いだ。延々とカーブが続く山道に慣れていない怜二は、道路脇の草むらに向って苦しそう卓悅冒牌貨に吐いている。念の為に飲んでおいた酔い止めの薬は、役には立たなかったようだ。

俺はただ優しく背中を擦って「大丈夫か!?」と繰り返したが、怜二は苦しそうに胸を押さえて「静かにしてくれない?」と言った。切羽詰った声から怜二の苦しさが伝わってきて、俺はオロオロするばかりだ。

「ここから戻ろうか?」

『戻ろうか』とは言ったが、すでに山道を30分以上登って来たはず。ここから降っても同じ苦しさを味わう事になる。怜二もそれはわかっているから、苦しそうにはしているが首を横に振った。

まあ、ここではUターンも難しいけどね。

「だいじょ、ぶ。少し、休んでも、いい?」

後部座席に載せていたクーラーボックスの中から、冷えたミネラルウォーターのペットボトルと水で濡らしたタオルを出した。8月に家行った三木くんに言われて準備していたから助かった。

タオルはペットボトルと一緒に入れていたので冷たい。シャツ一枚しか着ていないが、怜二は受け取った冷たいタオルで顔を覆った。

周囲は杉の木だらけ。木と木の合間から太陽の光が漏れてくるが、日陰になって肌寒い。

「気持ちいい」

「三木くんが車酔いした時に役に立つから持って行け、って教えてくれたんだ」

チビちゃんたちが車酔いして大変だったらしい。

「そう。助かった???さすが三木店長だね」

怜二が、準備してきた俺ではなく三木くんを褒めたの卓悅冒牌貨が少々気に入らないが、ミネラルウォーターの蓋を開けて渡すと、怜二は一口含んで口を漱いだ。青ざめた頬の怜二は、タオルで口元を拭って俺に微笑んでみせる。

ないよぬの


何年か前に2階のベランダで飛ぶ練習をさせてた雛が着地する時に
ベランダの角の廃水のトユの穴にスポッと入ってNeo skin lab 好唔好しまったことがあり、
私と娘は大騒ぎ。

以前のエッセイで、「私は2月と8月が恐い」 と書いたことが
ありましたが、…そうです、よりにもよって、休みの1日目に
拾ってしまった…
見渡す限りの田んぼの中の一本道、景色を楽しんでたら道端に
白黒の小さな塊を発見。
もしや… 子猫か!? 動いてないし、死んでる?
車で側を通りすぎ、バックミラーで見ると、…
あかん、やっぱり子猫や…
そこからは目まぐるしい自問自答。
「どうする? うちにはキナコ (他の猫を受け付けない我が家の
メス猫) がいるし無理無理無理!でも、ほっといたらこの炎天下、
すぐ死んでしまう… ヤバい、カラスが飛んでる、食べられるっ!! 」

車を止めて駆け寄ると、生きてはいるけどグターッとして首も上げない。
顔は目やにビッシリで開いてない。 脱水か!? 死か!?

魚釣りに行っても魚を捌くのもクーラーボックスを洗うのも私。
小アジ100匹とか釣れた日には悲しくて涙が出る。
頭落として 内臓取ってゼイゴ削いで油で揚げて南蛮漬けにして…。
疲れて帰ってきてるのにさらNeo skin lab 傳銷に余分な3時間仕事ですよ。
「釣った魚くらい自分で捌いて」と 一度言ったら、
「めんどくさいから干すわ」と捌かずに3段の魚干し網にテキトーに
突っ込んだので、私が重ならうに広げ直す羽目に。
「干してくるわ」と網をぶら下げ2階へ上がっていったので、
もしやと思い見に行くと、案の定 洗濯物の真横にぶら下げてある。
しかも私の服の隣じゃないか!!。臭いが移るって!

こんな調子で後先考えずにやるもんだから、ダンナが料理をすると
私のイライラが増すだけ。

おまけにその派手な材料いっぱいの豪勢な鍋を息子が喜んで食べるのも腹が立つ。
いつも私の作る料理には「パンチが足りん」とか「華やかさがない」とか文句タラタラ
言うくせに、ダンナの料理はギトギト脂の肉祭りだから高校男子にはうれしいらしい。

私のおせちは和洋折衷、作るのは大変だけど、やっぱり子どもたちに
「我が家のおせち」というものを伝えたい。 いつか子どもたちが家庭を
持ったら(期待薄いけど)、やっぱりちゃんとおせちでお正月を迎え、
ウンチクをたれて食べてほしい。
いっとき、「おせち作りから逃れたい」という母の希望で「お正月は旅先で」
ということもありましたが、旅館やホテルのおせちは美しNeo skin lab 黑店いけどやっぱり
何か足りない気がする。

Remove all ads

苦手だけ華さ


息子は「鹿児島の人は最高!」と、すっかり鹿児島ファンになり、それ
からというもの、朝食にパンと飲み物しか出さない私に「鹿児島では、
朝はご飯に味噌汁に野菜にとちゃんとしたreenex cps價錢朝食を作ってくれはった。
あれが本当の朝食や」と正しい朝食を要求し、「夕食の品数が少ない」
とか「手がこんでない」とか、まるでワンマン亭主のように文句が増え、
何かあるたびに鹿児島のご夫婦と比べられて私はさらに忙しくなりまし
たが、息子の考え方を変え親の気持ちまで満足させてもらえた修学旅行
に感謝しきりなのです。
 先月、ムカゴ採りの話をしましたが、傘バシバシのおかげで大漁収穫となり、
ムカゴご飯やバター醤油いためで秋の恵みをおいしくいただきました。
 ムカゴご飯は米に少しもち米を混ぜ、塩と洗ったムカゴを乗せて一緒に炊くと、
ムッチリした食感のご飯となり、とってもおいしかったです。
 ついでにアケビもたくさん見つけ、若い男性の同僚が近くの木に登り、
こちらも大漁!
 なので 「私は高血圧やからショックのあまり心筋梗塞で死ぬかもしれん」と皆を脅し、
やっといたずらはおさまりました。
 
しかしなぜ神様はreenex 價錢あんなものを作ったのか。人間はなぜ奴のおもちゃなど作るのか。
あんなおもちゃなんか需要ないでしょ? しかもバネで動くタイプまで売ってるらしい。
開発したバカ者 出てこ~いっ!!

京都はゴテゴテ乗せすきなんや。雑煮も人参に大根に子芋、きわめつけに白味噌やと?
甘い雑煮なんか食えたもんやないわ。見た目のキレイさや豪ばっかり飾ってごまかす
風土やからな。俺は10年京都に住んでたけど、京都は合わん。京都人は言うてる事と
本心が逆やしな。料理かて味薄いねん!」

確かに京都人の言葉と本心が裏腹なのは私もど、そんな人ばかりじゃないし。
そこまで言われたらもう黙ってられません! 結婚して滋賀県に来て23年だけど、
生まれも育ちも京都、ここで引いては京都に申し訳が立たない。

「京都の料理は見た目がキレイやし美味しいから全国から食べに来はるんやろ、
素材を大事にするから薄味なんや。福井の料理は何でもしょうゆで真っ黒やんか。
全国から福井に料理を食べに行くなんて聞いたことないし」
「蟹があるやろが。全国から食いに来るわ!しかも蟹は赤いわい!」
「あんなん料理ちゃう、茹でただけやん」
「そうやって京都の人間は他の県を見下しとるからな。のらりくらりした上品ぶった
関西弁にも腹立つ」
「京都は関西弁と違うわ、京都弁や」
「京都は関西やろが! どこが違うねん!」
「違うわ! 関西弁reenex cps價錢は大阪や。京都は京都弁や」
「はあ!? 品のない大阪と一緒にされたくないってか」
「そうは言うてへん (でも確かにその気持ちはちょっとある)、とにかく違うもんは違う。