Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

をするない


「……あっくん!!」付添い用のベッドに浅く腰掛けて、あっくんは音羽に顔を向け泣きぬれていた。
深く澄んだ海の色にも似た、濃い緑の瞳が涙で溺れそうになっていた。
音羽を見るなり、小さく頭を振ってあっくんは脇をすり抜け、その場から逃げ出そうとする。音羽はあっくんを難なく捕まえ、やっと思うさま抱き締めた。
どこかにぽかりと空いた喪失の感覚が、あっという間に満たされてゆくのを感じた。ほんの短い時間関わっただけなのに、とうに運命の半身だと気づいていた。

「あっくん……。やっと見つけた。会いたかった……。愛してる。」

「……あぁ……。」

あっくん、上田厚志は、音羽の言葉を聞き、その場にくたりと崩れ落ちてしまった。やっとの思いで諦めようとした大好きな音羽が、自分を求めてこの場にいるのが信じられなかった。
勿論、あっくんも決して諦めたりはできなかったのだけど……。

「愛しているは、おまじの言葉だね。あっくん。力が抜けちゃった?」

音羽の言葉は、優しい。

「ど、どうして……?もう、逢えないと思って居たのに……。おにいちゃん……。あっくんは、優しかったお兄ちゃんに一目だけ会いたかったから、思い切って東京に行きました。約束通り、綺麗になったから……みんなが綺麗だって言ってくれるようになったから、会いに行けたの……。大学で秋月博士に会って話うちに、だったら会わせてあげるよって言って下さいました。」

「うん。あのほわほわのひよこ頭が、あっくんだったんだな。驚いたよ、本当に見違えたよ。あっくんは、みにくいあひるの子だったんだな。すごく……すごく綺麗になったね。」

大人になったみにくいあひるの子は、やっと大好きな人の胸に抱かれて幸せの涙を流しました。めでたし、めでたし……。
じゃなく。

「あっくん、ロボットとかに興味があったのか?兄貴が教鞭を取ってたのって、ロボット工学だろう?」

悩みつつ歩つぐん


だって、
身内の者にも言えない秘密を共有している
(って、変な言いまわしですが)のは、
自分自身だけですものね。
「うん、ここはすっごく嫌いなんだけど、
ま、それも含めてしょうがないか」と
どこかで折りあいをつけながら
自分を愛しつづけreenex 膠原自生ていくしかないのでしょうね。


ただし、
あまり自己愛が強すぎると
周囲の者たちから誤解されやすくなるのでご注意を。
うちの常務は、社内のものからまあまあ愛されておりますが
彼について話すときには
みなどこかしらに皮肉まじりの表情が見え隠れしますから。


さて、
これを読まれた方、あなたは
自分のことが好きですか?

僕は道路に書かれている文字や記号、
それと街中にある同様のものに
心惹かれていたのですが、
どうもそのブームは去ったようです。


(↑こういうのです)


いえ、気になるものがあると
(って、余人には理解できないでしょうが)、
今も写真におさめてはおりますよ。
でも、その頻度は減っていますね。
けっこう長い間
そういうものを見つめてきたので
類型化されてしまったのでしょう。
「ああ、このタイプか。ふむ」と思うように
なってしまったわけですね。


いえ、
いかなるものであっても安価であるというのは
悪い事じゃないですよ。
それに、
お墓に関わる費用って見えないところでいろいろと
加算されてそうな気もするから(あくまでも
そういう気がするってだけですが)、
こうやって
『墓地?墓石セット販売』なんてふうにしてもらった方が
いいのかもしれません。


ただ、なんかねえ。
情緒の欠片もないように思えてしまいます。
どんなことにもお金はかかるし、
できる限りは出費を抑えた方がいいのは
重々承知しておりますが、うーん。
しかも、幟って。
これじゃ、ラーメン屋が
『今ならチャーシュートッピング無料!』って
幟をたててるのと変わらないように思えます。


さらに、


『格安価格にてお建てします!』って。
この『!』も、『チャーシュー無料!』っぽいよなぁ。


たいていのことには耐性がついているはずの僕も
なんとなく嫌な気分になりました。
ま、
ほんと、なんとなくなだけですが。

――という書き出しだと、
少々面倒なことになるのでしょうかね。
まあ、
この曲はビートルズ解散のかなり後、
ジョン?レノンが死んでからも10年以上経った後に
未完成だった彼の曲に他のメンバーが手を入れて
作りあげたものですね。


僕はこの曲が出たとき、
大学生だったんですよね。
高校生くらいからビートルズは聴いていたので、
「ふむ。これは新曲なのか?」と思いながら

鳥のような自由
そいつは二番目に良いことだ』


「じゃ、一番目は?」と思った方は曲almo nature 狗糧を聴いて下さい。
僕は好きですよ、これ。
いかにもビートルズっぽいし、
ジョン?レノンっぽいですよね。


で、
当時大学生だった僕は
「ああ、たしかに鳥みたいに自由になりたいなぁ」などと
思っていたわけです
(まあ、その頃もいろいろとあったもので
いろんなことから逃げ出したかったんですね)。




空を飛び行く鳥のイメージって、
まさに自由の象徴ですよね。
なんの制約もなく、広大無辺な空を
鳥は飛びまわることができるのですからね。


だけど、
こういうのって地べたを這いずりまわっている人間が
自らに課せられた制約を強く認識するときに
勝手に抱くイメージであって、
空を飛び行く鳥たちからしたら
「は?」ってなものでしょうね。


『制約がない』なんて僕も書きましたが、
鳥だって無制限に飛べるわけではないでしょう。
高度の制限もあるだろうし、
体力だって保たないでしょうからね。


渡り鳥だって、きっと決死の覚悟でもって
長距離飛行に臨んでいるはずです。
いや、まあ、
脳みその小さな彼らに《覚悟》というような
高等な認識があるかは別にしても
実際にも群れからはぐれた鳥は命をおとすでしょうし
人間の感覚で言えば《覚悟》的な状態であるはずです。


それに、
僕は彼らを見ていて、
「うーん、やっぱり鳥になるのは嫌だな」と
思ったことがあります。
それは、
こういうシーンですね。


きっと、彼らは枯れ葉を土塊にかえようと
頑張っているダンゴムシなんかを食べているのでしょう。
ま、ケヤキの種なども食べているかもしれませんが
とくに選り好みしているわけでもないでしょうからね。
「仮に空を飛べるとしても、
虫を食うようになるなら嫌だ」と大学生だった僕は思ったものです。
そして、
いかなる立場にいたとしても
良い面と悪い面が厳然と存在しているであろうことに
思い至ったわけです。


そうやって僕は大人になっていったんでしょうね

大寒波が近づいているそうですね。
僕は『大寒波』なんて言葉を耳にするだけで
身震いする思いですが、
毎度しつこく「寒い、寒い」と言いたてることに
若干の反省もしております。


だって、寒いっていっても
東京に住んでるんですからね
たかがしれています。
北海道とか、東北地方とか
さらにいえばシベリアだの
アラスカに住んでる方々のことを考えれば、
僕なんかは口をぎゅっとでいるべきなのです。


というわけで、
僕はこの時期に寒くない方向の話題を考えておりました。
とはいえ、
『心温まるエピソード』なんてのの持ちあわせもないし、
外に出れば実際に寒いしで、
「うーん、うーん」ときまわっていると、


ああ、こういうのって
寒くない方向のものかも――と思いました。


いや、まあ、
葉を落とalmo nature 狗糧した木々は薄寒そうに立っていますけどね。
ただ、
春の兆しとまでは言えないかもしれませんが
こうやってもう木々は芽吹きはじめているんですね。

には厚出来ま


それでも、残念……とは言えなかった。元より大衆演劇の一座を構えるという事はそういう事だ。新しい興行先で、また出会いを胡菁霖繰り返し、多くの客と一期一会の絆を結ぶ。それが大衆演劇に生きる柏木醍醐と、その息子大二郎の日常だった。

「あの……大二郎くんは、そのことを知って?」

「はい。当初からの予定でしたので、わかっていると思います。毎度のことですから。こういう稼業に生まれた子供は、一番に諦めることを覚えるんです。華やかに見えてなかなか因果な商売です。」

「醍醐さん。あの……お別れは寂しいですけれど、禎克は大二郎くんとお友達になれてよかったと思います。。」

「はい。辛いことや哀しいこともありますが、また新しいお客様の笑顔にお目にかかれます。柏木醍醐は、この稼業が天職と思っておりますから、精いっぱい精進して参る覚悟です。ただ……実は、大二郎がお友達と一緒に居て、あんな風に子供らしい嬉しそうな顔をするのを、はじめて見ました。さすがに、親として胸が痛みます。」

「此度は、金剛さんとも思いがけずご縁がしたし、あり糧食分配がたい出会いだと思っております。」

「あの……。どうか、新しい親戚が出来たと思って下さいね。必ず近くに来たらお立ち寄りくださいね。お待ちしておりますから。」

「ありがとう存じます。倅ともども、金剛さまいご好誼いただきまして、感謝いたします。いつか再びご当地に参りましたら、ぜひよろしくお願いいたします。」

父親の顔を束の間浮かべた柏木醍醐だったが、、大二郎だけを残してゆくわけにもいかなかった。
あくまでも時代がかったまま、別れを惜しみ本音を隠した。母も帰り道、何度も大二郎が次の興行地へ向かうことを伝えようとしたが、できなかった。
家に帰ってきても、紅潮した頬で、父にどれほど大二郎が上手に踊ったか、醍醐と揃って踊った人形振りが本物の人形のようだったか、一生懸命語っていた。
禎克が湊とお風呂に行った隙に、母は切り出した。

「困ったわ~、わたし、大二郎く避孕 藥んが行ってしまうこと、さあちゃんにとうとう言えなかったの。」

「そうか、それは困ったね。言わないわけにはいかないだろう?」

光鋭いびに湧き


迷惑な話だろうが、世の中には確かに、年齢性別に関係なく「そそる相手」というのは存在する。とことん虐めて泣かせたい、なますに刻みたい、気を失うまで凌辱したい、縄目で喘がせたい……相手をそんな風にしか愛せなかった哀れな男を今の鴨嶋は知っている。

鴨嶋組に居る月虹のように、男女どちらからも好かれ、誘蛾灯のように人をreenex 效果惹きつける存在が間近にいるから、相反する間島に執着された求が気の毒でならなかった。

「鴨嶋……さんです……か?」
「ああ。」

求は劉二郎から視線を外さなかった。これは、深淵を見続けた者の目だ……と劉二郎は思う。劉二郎の記憶の中では、生きながらに地獄を見た、戦地から引き揚げた兵隊がこんな目をしていた。

「いいか。あんたは、もう自由になっていい。これまで良く頑張ったな。」

求は、そう言った鴨嶋劉二郎を、驚いたように見つめていた。
双眸に涙がぐっと盛り上がる。涼介と妻の話から、この眼老人が自分を救出するために骨糖尿上眼治療を折ってくれたと知っていた。
ぱたぱたと思いがけず溢れた涙に、求自身が驚いていた。思わず両手で目許を拭った。

「……あり……がと……うござい……ます……」

かすれた声の求に、どれほどの災禍が及んでいたか想像がつく。叫び続けた求の声は、まだ元に戻っていない。生きているのが不思議なほどの加虐で負った裂傷にも、長い加療が必要だった。

藩主に嫡男が生まれ国中が喜立ったのは、わずか10か月ばかり前の事であった。お召しを受けて杏一郎(きょういちろう)は父の後に付き従った。

「これは、国家老様。ご嫡男ですかな。中々凛々しい男振りでござる。」

皆が声を掛けてくれるのを、少し面映ゆく思いながら杏一郎は神妙に頭を下げた。長い着尖沙咀找換店物を引きずった見目良い女性が、こちらへと誘(いざな)ってくれた。

日々のと金剛も



「金剛。どうやら、ぼくは……もう、本復しないみたいだよ。父上と医者の話を聞いてしまったんだ。」

「冬月さま、お気の弱いことをおっしゃってはいけません。金剛がお傍に居ります……」

「ねぇ。月虹は父上の血を濃く継いだようだね。あの子は誰からも好かれるし、とてもUnique Beauty 好唔好人懐こいんだ。写真を見ると……まるで、ぼくの写し鏡のようだよ。ぼくがいなくなったら、あの子を君に預けるから、ぼくだと思って……大切に仕えてくれるね?」

「そのようなことを、おっしゃらないでください。金剛は冬月さまとご一緒に、月虹さまを御支えするのですから。」

不治の病に倒れた父、冬月は、愛する若い執事に愛息の全てを託し、引き受けた金剛は約束を守った。
忠実な執事は、主人の頼みに諾と頷くしか術はなかった。忘れ形見を、きっと仙道家の跡取りとして育てると細くなった指を絡ませ約束をした。

幼い月虹の中に想い人の面影を捜し求める自分を、滑稽だと思う。
誰よりも有能な執事、金剛氏郷は、自らの性癖を理性で強引にねじ伏せた。

「早く大きくおなりなさい。可愛い月虹さま。必要な事は、何もかも金剛がUnique Beauty 好唔好お教えして差し上げます。」

まるで戦隊ごっこの延長のようだが、金剛は月虹が遊びの中で、無理なく色々なことを覚えるように苦心していた。
怪我をしないように床一面にマットレスを敷き詰め、大広間に飾られていた古伊万里の対の花瓶は早々に片づけられている。
金剛は、てきぱきと指示を出し、月虹の指導に当たっていた。元々、武道に興味を持っていた金剛は、体術にも秀でている。
剣を振るえば示現流は免許皆伝、古武術にも長けていた。

「右足の位置は、こうですよ。そう、その方が急所を狙って打ち込む時に、踏ん張りが利きます。少しでも大きく見えますからね。」

「ほんとっ?強そうに見える?お父さまこうやって、組手のお稽古をしたの?」

「ええ、たくさん組手の練習をいたしました。月虹さまも、お父上に似て呑み込みが宜しくて、金剛は驚いています。冬月Unique Beauty 好唔好さまが御覽になったらさぞかし…うっ…。」

かり妬の付いた黒



「じゃあ、部活が終わったら、荏田君は更科君を迎えに来てあげてね。……大切な幼馴染なんでしょう?」

「はい。おれ達、家も防UV近いし幼稚園からの腐れ縁なんです。」

「じゃあ、少しだけお借りします。」

「モノじゃないですよ、翔月は。」

照れたように笑った青児の笑顔は翔月には眩しい。

お日さまに愛されて健康的な小麦色の肌を持った、何も知らない青児が校庭へと駆けてゆく。
鼻梁の高い綺麗な淫魔に捧げられた、生贄の翔月だけを残して……



本日もお読みいただきありがとうございます。(〃???〃)

「だいじょぶか?」(?′?ω`)?(つд?`?)??「え~ん。青ちゃん、生贄の翔月……って、此花が……」

?~(?ε??)ふふ~ん?

( *`ω′) 青児 「くそ~」

試練を乗り越えて愛は本物になるのでっす。(`?ω?′)


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ



風に哭く花 4

    2013/07/05 Fri  風に哭く花

Comment (0)
とんと柏Dream beauty pro 脫毛木に背後から肩を押されて、翔月は生物実験室に入った。

誰もいない生物実験室は、全ての窓に白いカーテンが引かれて、ほの暗い。まるで学校の中ではないみたいな気がする。
儀式が行われるにふさわしい静寂がここにはある。

「荏田くんは、君のことが本当に大好きなんだねぇ……」

背後から、恐ろしい声がする。

「先生、君らの会話を聞いて、すっけちゃったよ……そして、少しだけ悲しくなった。まるで、二人の仲は特別なんだって見せつけるみたいに、君たちは人前でもお構いなしに額をくっつけあうんだね。」

「青ちゃ……依田君の中では、きっとぼくは手のかかる弟みたいな存在なんです。だから、心配でたまらないんだと思う……。ただ、それだけ……です。」

言い訳する翔月の声が、裏返った。

「そう……?ま、いいけど、傷ついたから慰めてもらうよ。」

「そこに座って。」

柏木の指し示すそこには、肘掛けの革張りの立派な椅子がある。
各教科の準備室は、殆ど自室のように担当教諭が使っていて、職員室で使うものと違って、使用感膠原自生の優れた物が用意されていた。仮眠もとれるように、収納式のフットレストの付いたリクライニングチェアだ。

「い……」

元気にあるくら朔良


「どうせ見てないだろうと思ったから、朝一できたんだよ。夕べ、織田先輩と少しだけ話が出来たんだ。皆が心配してるneostrata 果酸だろうからって言ってた。織田先輩らしいよな。」

「うん。」

「しばらく入院した織田朔良の傍に居るから、里流に伝えてくれって言ってた。メールをしようと思ったけど、やりかけた事もあるし会ってきちんと話をするって。何かさ……織田朔良の怪我って深刻らしいんだ。詳しく聞いたわけじゃないけど。」

「そう……」

「学校に来たら、部室に来てくれって織田先輩からの伝言だ。あのさ……」

「ん?」

「何を言われても泣くなよ?話なら聞いてやるから。……おい!里流!」

沢口の言葉には答えずに、里流は横をすり抜けて走り出した。少しでも早く、彩に会いたかった。

*****

たった1日しか経っていないのに、久しぶりに会う気がする。
真っ直ぐに部室へと向かった里流は、息を整えて彩の前に立った。努めて平静を装った。

「おはようございます。」

「心配させたみたいだな。」

「彩さんは大丈夫HKUE 呃人なんですか?あの、怪我とかは……」
の怪我に比べればこのくらい何ともないよ。」

織田朔良の名前が出て、やっと里流は気付く。深刻だと言う朔良の怪我を、彩がどれほど重く感じているか……

「沢口に伝言を頼んだんだ。直接電話をしようと思ったんだが、考えが上手くまとまらなくてどうしてもできなかった。俺は……これから先、朔良がなるまで自分の事を考えるのを止めようと思う。」


「それは……責任を感じているから?」

「そういうことだ。朔良の両親は不可抗力だって許してくれたけど、今回の事故は間違いなく俺のせいで起こったんだ。不運が重なったと言えば、そうなんだろうけど過失の言い訳をする気はない。朔良には元の生活を取り戻すのは難しいそうだ。あいつには、もう一生ハイジャンプはできないし、まともに歩けるようになるかどうかもわからない。俺にはどう謝っていいのかさえわからない。」

そして里流が思った通りの言葉を、彩は口にした。

「俺はこれから朔良を支えようと思う。リハビリは酷い苦痛を伴頸紋うらしいんだ。あいつは弱いから、きっと一人では立ち向かえない。」